◎ 電 話 加 入 権 等
(生活用動産の譲渡)



使わなくなった電話(加入権)、 売却 か 継続 を選択します



 ◎ 電 話 加 入 権 : NTTが認めている 「電話を設置する権利」 のこと


これが無いと、
NTTに電話工事を申し込んだ時に、工事代の他に 「施設設置負担金」
として、72,000円と、「契約料」 として、800円を支払います。

  • NTT電話加入権料 17年3月から半額の36,000円に、最終的には廃止


    ◆ もし固定電話を使わなくなったら、

    @ NTTに電話をして、電話を 「休止」 にしてもらう

    A 従来の電話番号が無くなって、「休止番号」 という整理番号をもらう


    売却 OR 継続 を選択
    【売却の場合】
     
  • この加入権を売却する
  •  ・・・・・ 売買の相場価格があり、店ごとに価格を設定している

    【継続の場合】
     
  • この加入権を継続して 持っておく
  •  ・・・・・ 全国どこでも、工事代だけで電話がひける → 「復活」


    ◆◆◆◆◆ 電話加入権料  「廃止の方向」 ◆◆◆◆◆
    (2006年4月をメドに)
    ー総務省が正式発表ー
    固定電話 契約件数10年前の水準に
    既契約者への返金などはしないが廃止を検討
    (平成16年1月23日 日経新聞)


  • 加入権の売買価格(買取り価格)4000円に下落



     ◎ 生活に通常必要な動産とは? それを譲渡した場合の取扱いは?


    区   分生活用動産(具体例)譲渡した場合の取扱い
    譲渡益譲渡損


    生活に通常
    必要な動産
    (所9条)
    (所令25条)
  • 生活の用に供する家具、什器、衣服

  • 1個又は1組の価額が30万円以下
    の貴金属、書画、骨董、美術品など
  • 非課税
  • 損失はなかった
    ものとみなされる
  • 生活に通常
    必要でない
    動産
    (所令178条)
  • 競走馬等の動産

  • 1個又は1組の価額が30万円を超
    える貴金属、書画、骨董、美術品など
  • 課 税
  • 損益通算不可
    生活に通常必要で
    ない資産の譲渡損
    益の通算は可(※)

  • (※) 生活に通常必要でない資産の災害等 (災害・盗難・横領) による損失の金額は、
    その年分 又は 翌年分の譲渡所得の金額から控除できます (所62条) (所令178条)


    自家用自動車について、現行の取扱いの区分は 「生活に通常必要でない資産」 とされています



    ≪財産に戻る≫  ≪雑損控除に戻る≫


    電話加入権 ・ 生活用動産等は、生活のチョットした事で知っておくと便利です。



    mail: hy1950@manekineko.ne.jp
    tel: 06-6681-2144   税理士 服部行男
    http: //www.manekineko.ne.jp/hy1950/